ホーム>産業群

東泰実業本部はハイテクエリアに位置し、新規追加登録資本金1,500万米ドルで年間生産額10億ドルに達成

蘇州高新区| アップデート: 2021年6月21日

5月31日、高新区と東泰実業国際は、高新区に東泰実業の本土本部を建設するための協力協定に締結した。

高新区党工委副書記・管理委員会主任の毛偉氏、高新区管理委員会副主任の虞美華氏、東泰実業国際有限公司総経理兼東泰精密金型(蘇州)有限公司の取締役の蔡叡徽(フイ)氏は契約式に出席した。

契約を締結する前に、毛偉氏は蔡叡徽(フイ)氏と会い、彼らを歓迎した。そして蘇州には優れた産業基盤、便利な交通機関、明らかな開発上の利点があり、蘇州の経済発展の重要なセクターとして、蘇州ハイテクエリアには強力な開発の勢いがあるため、東泰実業国際はこのチャンスをつかみ、センター建設における本社と研究開発を加速して頂くことを望んでいた。高新区は優れたサービスを提供し、プロジェクトの完了をできるだけ早く促進するために全力を尽くす。

蔡叡徽(フイ)氏は、東泰実業国際への支援に対してハイテクエリアに感謝した。東泰実業国際は、事業をさらに強化し、建設の進捗を加速し、東泰実業の本土本部を建設し、研究開発能力を拡大し、中国市場にサービスを提供する。 そしてハイテクエリアと手を組み、お互いに有利な状況を築いて行く。

協力協定によると、東泰実業国際は資本を増やし、生産を拡大し、本社を建設する計画があり、新規追加の登録資本は1,500万米ドル、新規投資は1億5,000万元で、元の工場スペースを最大限に活用して10階建ての研究開発ビルと3階建ての単一工場ビルとその周辺のサポート倉庫とビルを建て、35,263平方メートルの総面積をカバーしている。

プロジェクト完了後、会社は工場のスマートレベルと全体的な生産効率をさらに向上させ、年間100万件の家庭用電源スイッチアクセサリの生産能力を増強し、新規生産高4億元に増加させることで、10億元の年間生産高を実現し、東泰実業国際の中国本土本部を建てる予定。

東泰実業国際は1982年に香港に設立され、主にプラスチック製品と金型加工事業に従事し、タイ、メキシコ、ヨーロッパなどに駐在員事務所を置いている。

現在、中国本土の蘇州と天津、武漢、馬安山、成都、深センに6つの製造拠点があり、このなかで蘇州と深センが主要な研究開発と生産の中心地としている。

東泰精密金型(蘇州)有限公司は、東泰実業国際がハイテクエリアに設立した完全子会社で、2002年に登録資本金2,299万米ドルで設立され、約150エーカーで、47,000平方メートルの既存の建設エリアがあり、1,000人以上の従業員がいる。東泰精密公司は主にプラスチック製品の加工と精密金型加工を行っており、主な取引先は、キヤノン、シュナイダー、シーメンス、ボッシュなどの第一流家電と電気メーカー。

コンタクト
住所:中国江蘇省蘇州高新区コープ路58号
郵便番号: 215163
電子メール:snd@snd.gov.cn
電話: +86-512-68251888
中国Fax: +86-512-68251579
このウェブサイトの著作権は蘇州市高新区政府に所有とされます。
京ICP备13028878号-6