ホーム>産業群

蘇州科学技術市のいくつかの建設プロジェクトが市の栄誉を取得

蘇州高新区| アップデート: 2021年7月1日

このほど、蘇州の都市農村建設システムのための2021年の優れた調査と設計選択の結果が発表された。蘇州科学技術都市、西渚実験幼稚園、致遠ビル、蘇州科学技術の新世代情報技術工業団地市実験小学校(天佑キャンパス)、天佑実験幼稚園、蘇科外高校や西渚ガーデンの第2期などのいくつかの建設プロジェクトがリストに含まれている。

その中で、新世代情報技術工業団地と西渚実験幼稚園は同時に建築工学設計-民間建築部門で最優秀賞を受賞し、致遠ビルは建築工学設計-建築構造で最優秀賞を受賞した。

新世代の情報技術工業団地は2020年末に正式にオープンされ、合計10棟の建物で構成されており、建設面積は約50万平方メートルで、研究開発イノベーションエリア、科学研究パイロットエリア、産業実証エリア、中央支援エリアの4つのコア機能エリアに分かれている。また、これらのエリアにて産業研究開発、技術インキュベーション、営業所、展示プラットフォーム、国際交流などの機能をカバーしている蘇州のデジタル経済工業団地トップ10に入り、そして蘇州の特徴的な工業団地で、省クラスサービスの主要なメインプロジェクトでもある。建物は、3次元の「2次元コード」が立っているようなもので、認識性が高く、都市景観に自然に溶け込み、科学技術都市の新しいランドマーク的な建物になっている。

西渚実験幼稚園は2020年9月に正式にオープンされ、設計規模は18クラスで6トラック(2トラックは予備)で、10,000平方メートル以上の面積、15,000平方メートルの建築面積をカバーし、統合活動室を増設し、その環境は衛生で清潔で明るく快適である。幼稚園全体を見渡すことができ、全体の色調は江南水郷のオフホワイトとグリーンのタイルを使用し、活気のある色で補われ、おとぎ話のような町の雰囲気を作り出し、「村」らしいイメージをそのまま保存している。

近年、蘇州科学技術市は500億元以上を投資して、900万平方メートル近くのさまざまな革新的な運送業者、工業化住宅、機能的な支援施設を建設したと報告されている。設計と建設において合計50以上の省クラスの栄誉、および30以上の地方自治体の栄誉を獲得している。高水準の位置、高い出発点のデザイン、高品質の建築を備えた建物は、徐々に地上から上昇しており、その独特の「外観」と「含意」により、科学技術都市のランドマーク的な建物になり、都市のために高品質で革新的な開発を貢献している。

コンタクト
住所:中国江蘇省蘇州高新区コープ路58号
郵便番号: 215163
電子メール:snd@snd.gov.cn
電話: +86-512-68251888
中国Fax: +86-512-68251579
このウェブサイトの著作権は蘇州市高新区政府に所有とされます。
京ICP备13028878号-6