ホーム>産業群

蘇州高新区でバイオ医薬・医療機器「MEDPARK」ブランドのバイオ医薬・医療機器産業開発と協力のためのサロンを開催

蘇州高新区| アップデート: 2021年7月1日

相互信頼、補完的優位性、産業統合を特徴とする日中イノベーションモデルをさらに構築するために、蘇州市と上海の日本総領事館は引き続き協力を深め、日中(蘇州)地方開発協力実証実験を共同で設立し、四半期ごとに政府と企業の会議およびビジネス交流イベントを開催する。今年の第2回目のテーマイベントの1つとして、6月18日、蘇州高新区の獅山国際会議センターでバイオ医薬・医療機器産業の開発と協力のためのサロンが開催された。

サロンでは、中国と日本の関連リーダー・専門家・科学研究機関・ビジネス代表者を招き、「精密医療の将来の発展動向」と「日中医療機器産業の統合開発」の2つのテーマについて詳細な議論を行い、日中企業家とバイオ医薬と医療機器の分野にての最新技術と成果を共有した。

在上海日本総領事館の福田高干副総領事、蘇州高新区党工委書記・管理局委員会主任の毛偉氏、蘇州市人民政府副秘書長の陳春明氏がイベントに参加し、スピーチを行った。区の指導者である虞美華氏が今回のイベントを主催した。

毛偉氏はスピーチの中で、今回のサロンは医療開発と実体経済の深い統合を探求するためのブレインストーミングであるだけでなく、中国と日本の医療機器産業の統合と発展を促進するための有益な探求でもあり、ハイテクエリアの生物医学および医療機器産業に確実に利益をもたらし、大きな促進役割を果たすものだと述べた。

参加された専門家や学者たちはより価値のある意見を提供し、業界のすべての関係者がハイテクエリアと協力して、蘇州ハイテクエリアで「MEDPARK」ブランドの生物医学および医療機器を共同で推進することを望んでいる。

福田高干は日本領事館を代表して今回のサロンの円満な開催を祝った。このサロンは、「健康」という人気のテーマについて対話を行ったとのことで、これは適切で意味のあるものだと福田高干は語った。より多くの日中企業がこの大きな協力に積極的に参加し、中国と日本の両方の知恵が蘇州高新区に蓄積され、蘇州と長江デルタ地域が日中医療機器産業の協力の大舞台になることを望んでいる。

陳春明氏はスピーチの中で、今回のサロンイベントの開催は蘇州の生物医学と医療機器の分野における中国と日本の協力関係をさらに深めるための交流とドッキングであり、開発と進歩に確実に前向きな役割を果たすものだと語った。

専門家の皆様が自由に発言し、意見を述べて、中国と日本における生物医学と医療機器の開発のためのより多い経験と実証実験を提供することを望んでいる。

その後のテーマ別交流では、中国科学院計算技術研究所、PIA株式会社、レボ睿思生物、マット絵譜生物などの機関と企業からの専門家学者は「精密における将来の開発動向」をテーマとして交流した。蘇州市場監督局、中国国民衛生協会、テルモ中国、南東大学蘇州医療機器研究所、ニコン中国、島津中国などのゲストが「日中医療機器の統合開発」について意見交換を続けた。

今年の初めから、蘇州ハイテクエリアは「日中サービス貿易の発展のための新しいプラットフォームである蘇州日中グリーン産業基金の設立、オンライン鈴尾館、ビジネスコミュニケーション日中国際データチャネル、日系中小企業サービスセンター、日中友好クリニック」の5つの対日ビジネス環境を最適化する新しい取り組みを発表し、日中グリーン産業イノベーション実証実験ゾーンの設立と建設を加速させ、日中韓の産業協力実証実験パークの全省のバッチが承認された。

近年、蘇州市政党委員会と政府の配備を誠実に実施し、「第一産業」として生物医学を慎重に構築することを主張し、江蘇医療機器科学技術工業団地などの専門キャリアを構築し、中国科学アカデミーの蘇州医用生体工学研究所などの機関のためのプラットフォームを共同構築し、江蘇省医療機器検査研究所の蘇州支部などの試験プラットフォームを導入し、医療機器産業開発会社を設立し、総額100億元の生物医学ファンド・オブ・ファンズを立ち上げ、国内初の技術・金融革新商品「栄医療ローン」の立ち上げを主導し、国内初の医療機器業界の知的財産証券化商品として承認された。これまでに富士フイルム、サーモフィッシャー、ビオメリュー、ユユエメディカルなど400社以上の関連企業が集まっており、業界の年間生産額は200億元に達し、平均年間生産額の伸び率30%を上回っており、規模は200億を超え、国立トーチ特性産業基地として承認された。

コンタクト
住所:中国江蘇省蘇州高新区コープ路58号
郵便番号: 215163
電子メール:snd@snd.gov.cn
電話: +86-512-68251888
中国Fax: +86-512-68251579
このウェブサイトの著作権は蘇州市高新区政府に所有とされます。
京ICP备13028878号-6