ホーム>重点パーク

高価値の太湖クラウドバレーが完成

蘇州高新区| アップデート: 2021年7月22日

2020年の終わりに、3次元の「2次元コード」スタイルの高価値拠点群が蘇州科学技術都市のコアエリアで新たに公開された——これが「産業と都市の新時代、新太湖にクラウドが集まる」と呼ばれている。

「産業の集点」を中核とするこの認知度の高いハイテクキャリアは、クラウドコンピューティング、人工知能、健康、5G、モノのインターネット、インテリジェント製造、ITサービス、ビッグヘルスなどの戦略的新興産業を精力的に開発している。

記者は太湖クラウドバレーに入って見ると、ここの最初のフェーズは約50万平方メートルの規模で、11棟の建物で構成されている。これは、研究開発イノベーションエリア、科学研究パイロットエリア、産業実証エリア、中央サポートエリアの4つの機能エリアに分かれており、産業研究開発、技術インキュベーション、営業所、ディスプレイプラットフォーム及び国際取引所の機能を統合し、蘇州市の特徴的な産業団地における地方サービス産業の主要プロジェクトである。

「新世代の情報技術産業の画期的なキャリアとして、私たちは新世代の情報技術の台頭という戦略的機会を捉え、産業開発のハイエンド要素を収集し、高品質の産業開発を促進し、蘇州に拠点を置き、長江デルタをカバーし、世界に向けて放射する新世代の情報技術産業開発高地の創出を加速する」と太湖クラウドバレーの関係者が紹介した。

記者は、ここでの技術革新のキャリアは、もはや純粋な科学研究結果のインキュベーションと変革のキャリアではなく、暖かいオフィスエコシステムであることに気づいた。エリア内には、さまざまな会議室、応接室、交渉エリア、ロードショーセンターなどの機能的な場所が配置されているとともに、有名なコーヒー、ブックバー、ティールーム、特色のあるレストラン、文化施設などが導入され、 「テクノロジー+エコロジー+人文」エリアの特徴が強調されている。

また、「太湖クラウドバレーアプリケーション」のスマートプラットフォームを通じて、コミュニティ管理、企業生産、研究開発およびビジネスサービス、人材と居住者のライフサービスが1つのプラットフォームに統合され、情報の相互接続、集中管理、およびスペース資源の効率的な運用を実現する。「政府の直接サービス、イノベーションインキュベーションサービス、統合金融サービス、グリーン運用サービス、人材ケアサービス、調達・供給サービス、キャリングバッグ決済サービス、戦略的コラボレーションサービス」の8つのシステムを構築し、エリアと人材に幅広いサービスを提供することができる。

ある有名企業の代表は、彼らが太湖クラウドバレーが「気に入った」理由は、良好なビジネス環境と優れた投資政策だけでなく、ハイテクエリアには新世代の1000億規模の情報技術産業を持っているからだと記者に語った。

太湖クラウドバレー開所当日、長江デルタグリーン技術交流センター、中国モバイルクラウド機能センター共同イノベーション拠点、南京大学蘇州研究所人工知能生産研究拠点、中国銀行デジタル人民元応用実証センター、清源白沢賦能センターなどの多くの革新的なプロジェクト及び明鋭計器、随チェンテクノロジー、卓唯智テクノロジー、安恒情報などの全国的に有名な産業プロジェクトが定住契約を結んだ。

「高新区によって生み出された新世代の情報技術産業の最新の画期的なランドマークとして、太湖クラウドバレーはまた、この地域の100の「大研究機関」のハイテクパワーを活用し、定住する企業が革新的で環境に優しい持続可能な開発の道に導き、そして手を取り合いハイテクエリアのデジタル経済とデジタル開発の明るい未来を創造して行く。」と高新区の担当者が語った。

コンタクト
住所:中国江蘇省蘇州高新区コープ路58号
郵便番号: 215163
電子メール:snd@snd.gov.cn
電話: +86-512-68251888
中国Fax: +86-512-68251579
このウェブサイトの著作権は蘇州市高新区政府に所有とされます。
京ICP备13028878号-6