ホーム>重点パーク

蘇州高新区獅山ビジネス革新区は建築経済のモデルチェンジアップを推進中

蘇州高新区| アップデート: 2021年7月23日

建築経済の活発な発展は、現在の獅山ビジネス革新区の産業発展の特徴となっている。蘇州西部で最も早く、そして最も近代的な中心都市として、何年にもわたる調査の結果、獅山ビジネス革新区は建築経済と産業の優れた基盤を形成している。

蘇州高新区の管委会員会副主任、虎丘区副所長、獅山横塘街道の党工委書記である虞美華氏は、「獅山ビジネス革新区は、建築経済の引き続きモデルチェンジを推進し、開発の方向性に沿って新興産業の導入を加速し、建築経済の産業生態を最適化し、地域開発を促進することで新たな飛躍を実現する」と語った。

獅山ビジネス革新区の竹園路と長江路の交差点に立って見上げると、高さ212メートルの天都ビルが特に目を引く。天都ビルは獅山の営業の座標として、1号線と20本以上のバス路線があることに加えて、周辺には美羅や玉山公園などの商業施設やレジャー施設が充実されている。開業以来、金融、貿易、新エネルギーなど様々な分野で92個のプロジェクトが定着するように引き付けられてきた。昨年、天都ビルの税収は1億元を超え、前年比773%増となった。

獅山ビジネス革新区には、天都ビルのように税収が1億元を超えているビルが6棟もある。林立する建物はこの地域の特徴的なランドマークとなっているだけでなく、工業開発の新しい原動力となっている。現在、獅山ビジネス革新区には20棟の高級商業ビルと5000社以上の登録企業があり、2020年には合計24億元の税収に貢献する予定される。

これらの建築を見ると、その産業種類は金融サービス、人力資源、知的財産権、新エネルギーなどのビジネスと革新業態をカバーし、集中的かつ高密度の特徴を備えている。獅山科学技術館に定住した金融革新企業の蘇州友人保科技有限公司は鮮やかな一例である。2年間の研究開発を経て、最近、同社初のグリーンエネルギー保険製品が発売された。「百億規模近くの市場に直面して、企業の売上は将来幾何学的に増加し、2021年の売上高は1000万を超えると予想される。」と同社の創設者兼CEOである陳麒百氏は語った。

開発のための新エンジンを構築する一方で、建築経済は変革の主要な現場となり、人々の富の新たな担い手となっている。天都ビルから3キロ離れた星韻宝龍プラザには、13万平方メートルの空間の中にが産業キャリアと商業施設、科学技術人材事務及び科学技術人材マンションなどの支援施設がある。星韻宝龍プラザは、建築経済で人々を豊かにする方法を検討するための獅山ビジネス革新区による新しい試みであり、14個の村の株式協同組合により共同開発され、ワンストップの仕事と生活サービスを提供することに加え、星韻宝龍プラザはさらに500種類近くの仕事を提供した。

蘇州高新区の獅山ビジネス革新区の経済発展局長である許春華氏の机には、獅山ビジネス革新区で建設待ち・建設中・投入済みの建築統計表が常に置いてある。彼は、全地区のビル「家底」について、竣工時間、総投資、税収貢献、業種分布など、すべてのビルを正確に描く必要がある。

獅子山のふもとにそびえ立つ高級ビルを見て、許春華氏は深く感銘を受けた。「蘇州高新区の開発アンカーとして、獅山ビジネス革新区の開発トが早くから始まり、初期に土地資源不足などの開発問題に直面していた。このような背景で、獅山は集中的かつ高密度を特徴とする建築経済の開発を検討し始めた。また、長年の調査結果、獅山はより優れた産業基盤を形成している。」と語った。許春華氏の見解では、建築経済は依然として地域の開発と向上を促進する重要な部分であり、建築経済のモデルチェンジアップを継続し、先行者優勢に新たなエネルギーを絶えず発揮させなければならない。

建築経済のモデルチェンジアップを推進し、新しいチャンスが「許春華ら」を奮い立たせる。昨年、省商務庁の承認を得て、蘇州高新区に獅山ビジネス革新区が設立され、制度革新、オープン提携革新、商業貿易流通革新、サービス貿易革新の4つの試行任務を担当し、金融商業貿易、文博観光、本部経済、生産性サービス業、ハイエンド製造などの機能を備えたビジネス革新高地を構築した。今年3月、蘇州高新区は「三大特色パーク」の実施案を発表し、獅山ビジネス革新区を主体として、獅山街道、横塘街道、楓橋街道との統合発展を実現し、「ビジネス革新パーク」を共同で構築した。「一つ一つの新しい機会が獅山の建築経済生態のさらなる改善を促進する。」と蘇州高新区の関係者が語った。

ボトルネックも目の前にある。最初に問題となるのは支援施設。獅山の建築経済の早期開始により、古い建築の中には支援施設が不十分で産業開発のニーズに対応できないものがある。つぎは建築経済の産業構造の調整待ち。初期に一部の古い建築をすぐに貸し出そうとしたため、誘致した企業は現在の管轄区の産業発展方向に合っていない。そのほか、現在各地の建築経済発展は雨後の筍のように、どのように自身の産業を正確に定位し、転移発展し、核心競争力を形成するかということも、獅山人の目の前に置かれた課題になっている。

「建築経済のモデルチェンジアップを推進することは、インフラストラクチャと産業のアップグレードに関するシステム的な仕事である。」と獅山横塘街道党工委副書記兼獅山政協工委主任の呉喆氏は語った。獅山ビジネス革新区は長江デルタの統合や上海・蘇州同城化などの重要な機会をしっかりと掴み、ボトルネックの打破に力を入れ、産業発展の「蝶の変化」を推進する。

上場企業本部園に入ると、9棟の本社研究開発ビルが建設中であり、さまざまなタイプの本部経済およびハイテク研究開発企業の導入に使用する予定としている。計画によると、上場企業本部園が完成した後、産業用地はムーあたり400万元の税収と15億元以上の年間税収を実現する予定としている。

上場企業本部園は現在、獅山ビジネス革新区により建設された主要な建築経済的キャリアである。現在、建築経済のモデルチェンジアップを推進するために、獅山ビジネス革新区の動きは頻繁に行われている。

管轄区の古い建築の在庫については、獅山ビジネス革新区が統一計画を実施した。塔園路101号の佳兆業悦峰ビルを例にとると、これまでビル内の産業種類が地区の発展方向に合わなかったため、獅山ビジネス革新区がビル全体を賃貸し、統一された計画を立って、、鋭捷ネットワークなどの一連の高品質プロジェクトが続々と定着してきた。

定着した建築プロジェクトについて、獅山ビジネス革新区にて詳細な配置を行っている。現在、獅山ビジネス革新区は「3 + 3 + 1」産業システム、すなわち金融保険、スマート製造、科学技術と生産サービスの3つの主要産業、および新エネルギー、スマートセキュリティ、スマート医療の3つの新興産業チェーンと産業インターネット業界クラスターの構築に焦点を当てている。

建築プロジェクトを誘致する際に、獅山ビジネス革新区は工業開発の方向に沿って参入するための障壁を設けた。「我々は入居契約に署名するときに賭け制度を導入し、関連指標が満たされない場合は産業建築長単位には責任を負い、産業園単位に寸金の土地に高付加価値プロジェクトを募集させた。」と獅山ビジネス革新区の担当者が紹介した。

建築経済のモデルチェンジアップを推進するために、我々は転位発展にも焦点を当て、中核的な競争上の優位性を生み出す必要がある。獅山ビジネス革新区は、蘇州高新区の現代的なサービス産業とハイエンドの財源が集まる場所である。少し前に、蘇州高新区は新しい保険高地の「獅山計画」を発表し、一つの行動計画、一連の政策体系およびN項目の強行採決の実技を通じて、100社以上の「保険+テクノロジー」関連の企業や機関を引き付け、年間営業収益を200億元以上増やし、1,000億元を超える「保険+テクノロジー」産業クラスターを建設し、国家級「保険+テクノロジー」の革新区を構築する。

現在、獅山の麓には、上場企業本部園などのだくさんの新しいビルが建設中である。「獅山ビジネス革新区は、建築経済のモデルチェンジアップを推進し続け、産業発展のレベルを継続的に向上し、高品質の発展を導いていく。『次のレベルに上がる』」

コンタクト
住所:中国江蘇省蘇州高新区コープ路58号
郵便番号: 215163
電子メール:snd@snd.gov.cn
電話: +86-512-68251888
中国Fax: +86-512-68251579
このウェブサイトの著作権は蘇州市高新区政府に所有とされます。
京ICP备13028878号-6