ホーム>重点パーク

都市更新と産業レベルアップのコラボでどんな化学反応を引き起こす?

蘇州高新区| アップデート: 2022年1月24日

昔の蘇州高新区泰山路2番地では、田畑と工場が混じていたが、今は一変して、新しいオフィスビルがそびえたって、現代化とハイテクの雰囲気が漂うようになった。ここに位置する和楓科学技術イノベーションパークは2019年1月から建設工事が始まり、2021年12月工事が完成し、今は内装工事が進行中。このような華麗な変身は蘇州高新区が「都市更新を指針とする転換発展の新段階」に全面的入って収めた最新の成果である。

都市更新パイロット地域の創立が開始

2021年の年初、蘇州市は都市更新パイロット地域の創立を正式に始め、それに11月に住宅・都市農村建設部(住宅・都市農村建設省)が承認した第一陣のパイロット都市となった。関連仕事を展開して以来、蘇州高新区は前向きに対応し、素早く手配し、三つのレベルに分け、科学的に企画を立てておる。2021年10月、和楓科学技術イノベーションパーク都市更新ユニット企画が蘇州市政府の承認を受け、全市で最初に承認書類を手に入れた都市更新パイロットプロジェクトとなっている。

和楓科学技術イノベーションパークの昔と今

改造前 苏州.jpg

改造前の和楓科学技術イノベーションパーク

改造前の和楓科学技術イノベーションパークは、建物が15棟、総敷地面積が3.4万平方メートル、容積率が0.586、入居していた企業は物流、改造工事、人力資源、貿易を手がける企業が主で、産業の構造がローエンドで、効益が低かった。それに対して、改造が終わった今、和楓科学技術イノベーションパークにはハイレベルの研究開発センターが6棟、展示センターが1棟、商業サービスセンターが1棟があり、建築の総敷地面積が23.18万平方メートル、容積率が2.57に上がり、約昔の5倍になった。産業の位置づけはより明確になり、昔の単一の製造業から、工業、研究開発、商業サービスなどの複合機能に備わる新しい開放的な産業パークに変わった。

改造后 苏州.jpg

改造後の和楓科学技術イノベーションパーク

このような大きな変化と改善からは蘇州高新区が積極的な模索と大胆的な試みによるイノベーションブレークスルーが見られる。

企画を更新

和楓科学技術イノベーションパークは都市更新におけるイノベーションは協議による土地用途の変更と混合用地のモデルであり、産業パークの高標準建設のために基礎を築いている。蘇州高新区は「和楓科学技術イノベーションパーク都市更新ユニット企画」を編集・作成し、土地の性質を工業、研究開発、商業サービスの混合用地と定め、同じ土地での多用途混合を実現した。パイロットプロジェクトとして都市更新を実施した後、和楓科学技術イノベーションパークは地上と地下の空間を総合的に利用し、市場化の配置を通して、産業パークの活力を十分に引き出し、駐車や生活関連施設を整備した。

企業を誘致

「スマート製造、インターネットプラス、デジタル経済産業を主とした次世代の情報技術と製造業の融合発展モデルパーク」の建設を目標とし、和楓科学技術イノベーションパークは一連の的確な企業誘致活動を展開している。目下、和楓科学技術イノベーションパークはすでに一部の優秀なプロジェクトを導入した。これから、和楓科学技術イノベーションパークは契約したプロジェクトのリーダーシップの役割を果たし、統一に企画し、マクロの視点から構え、ビル経済、本部経済が企業誘致の「名刺」になるように取り組む。

このほど閉幕した第12次蘇州高新区人民代表大会第1回会議においては、最新の政府活動報告書が発表された。報告書では、2022年、蘇州高新区は産業用地更新の「二つの百行動」を力を入れて取り組み、空間の立ち退きと土地の回収を加速し、低効率の既存用地を5000ムー(33.3万平方メートル)以上活性化し、既存資源の活用を効率的に推進し、地下空間の総合利用のレベルを体系的に向上させることが明記された。


コンタクト
住所:中国江蘇省蘇州高新区コープ路58号
郵便番号: 215163
電子メール:snd@snd.gov.cn
電話: +86-512-68251888
中国Fax: +86-512-68251579
このウェブサイトの著作権は蘇州市高新区政府に所有とされます。
京ICP备13028878号-6