ホーム>最新情報

感染症対策と経済社会発展の両面に配慮、金融「慈雨」で企業に活力を与え

蘇州高新区| アップデート: 2022年5月18日

中小企業の融資の持続的な安定を保障し、感染症の影響による資金圧力を緩和するために、蘇州高新区はコスト低減、融資活発化に取り組み、以下のような数措置を通して市場主体の苦境脱却を支援してきた:▽1億元の感染症対策特別資金計画を立て、今までの優遇利率からさらに貸付利率を25%引き下げ、それに、すでに区域内の5社重点企業をサポートし、累計して1億元の直接資金援助、9000万元の貸付金を提供した;▽「株式・債券結びつき、投資・融資連動?」の方式を通して、科学技術企業の「ハイテク貸」というサービス製品の適用範囲を拡大し、それとともに、区域内の重点科学技術革新型企業と、承認を受けた、条件を満足した中小・零細企業を考慮し、金融サポートを通してより多くのハイテクイノベーション企業を活発化していく;▽担保費用を低減し、グリーンルートを開通し、感染症から大きい影響を受けたが借金返済意向がある企業に対して継続貸付、返済延期などの措置を通して、企業融資の持続的な安定を保障する;▽「信保貸」「小微貸」などの担保金率を低減し、企業融資の信用増進を強化し、企業の融資コストを確実に低減し、区域内の中小企業の速やかな生産回復をサポートする;▽「人材通」「産業貸」などの革新的な金融製品を打ち出し、区域内の重点企業の投入比率を拡大する。

その同時に、感染症の複雑情勢に直面して、「クラウド銅鑼鳴らし」「クラウド契約締結」「クラウド調査研究」「クラウド教育」などのオンライン活動は高新区が金融で実体経済の発展に活力を与えるイノベーションとなった。

今年の始め、「クラウド銅鑼鳴らし」の方式によって、国芯科技は2022年全国初の上海証券交易所の科創板(科学創業ボード)に上場した企業で、長光華芯、普源精電も続々と科創板に上場し、資本市場での「高新」チームは日増しに強大になりつつある。

「オンライン訪問」「クラウド企業招致」などのモデルを通して、高新区は目標規模が30億元の紐爾利(NRL Capital)人民元建て直接投資基金プロジェクト、規模が約1500万ドルの外資共同基金(QFLP)及び貝恩資本(Bain Capital)バイオ医薬プロジェクトの「クラウド契約締結」を促進し、高新区がより完全な産業金融融合システムを建設することに助力し、産業・資本ウィンウィンの美しい未来を共同で構築する。

及时雨.jpg

蘇州金融タウンはオフィスビルの感染症対策を強化する同時に、オンライン審査、手続委託、遠距離ビデオ通話認証などの方式を通して、入居予定がある機関に全流れの基金登録サービスを提供する。今年、45機関は金融タウンに新規入居し、新たに増加した基金金額は128億元、第一四半期に入居した基金による税金額は1億元を超えている。

太湖金谷はオンライン教育を13回開催し、3月に蘇創大講堂「専精特新サービス月」(専精特新は専門化、精密化、特色化、斬新化を指す)を特別に企画し、専精特新企業の政策申告、デジタル化モデル転換・アップグレード、企業の革新的発展戦略及び研究開発チームの内部激励などの特定のテーマをめぐり、オンライン授業を展開し、累計して8200人がオンラインで授業を受けた。

それ以外に、高新区の各部門は区域内の各銀行と共同で、「デジタル貸」「融医貸」「文化クリエイティブ貸」などの革新的な金融製品サービスを打ち出し、信用貸付を持続的に増やしつつある。高新区は政策の宣伝と貫徹を強化し、全面的に調査し、費用削減・免除の優遇を受けるサービス業の小規模・零細企業と個人経営者は2000(直接賃貸と転貸を含む)を超え、削減・免除した賃金は2.5億元を超えると見込まれている。

及时雨2.jpg

蘇州高新区は感染症予防抑制の安全網を引き続き張り、より優れる金融サービを持って中小企業の安定発展をサポートし、感染症対策と経済発展の両面の勝利を収めることに取り組む。


コンタクト
住所:中国江蘇省蘇州高新区コープ路58号
郵便番号: 215163
電子メール:snd@snd.gov.cn
電話: +86-512-68251888
中国Fax: +86-512-68251579
このウェブサイトの著作権は蘇州市高新区政府に所有とされます。
京ICP备13028878号-6/a>