ホーム>最新情報

生産額が32億元を上回る見込みのデジタル経済産業プロジェクトは獅山商務創新区に入居

蘇州高新区| アップデート: 2022年6月8日

6月6日、2022年蘇州高新区デジタル経済産業プロジェクト獅山商務創新区集中契約調印式は開催された。今回集中契約が調印された16件のプロジェクトはフル稼動後の生産総額は32.56億元に達する見込みで、デジタル経済、集積回路及び半導体、バイオ医薬及び医療器械などの高新区の重点産業に及んでおり、獅山商務創新区の質の高い発展のために活発な原動力を注ぐ。

蘇州高新区党工作委員会書記毛偉氏、文化と観光部審読組メンバー、元国家観光局総合司司長、報道官張堅鐘氏、高新区党工作委員会副書記、虎丘区区長宋長宝氏、深セン市都市計画設計研究院党委員会副書記、総経理黄衛東氏、区指導者張瑛氏、虞美華氏及び契約に関わる各方の代表、高新区の関係部門、関係国営企業の責任者、獅山横塘街道の関係責任者は同契約調印式典に出席した。 

重点プロジェクト発足

契約調印式において、「中国演芸長江デルタデジタル体験センター」「深セン市都市計画設計研究院蘇州分院」「深セン市都市計画設計蘇州高新区都市創新研究センター」などの重点プロジェクトはスタートを切った。

中国演芸長江デルタデジタル体験センターは国の重点新聞ウェブサイドである中国網の優位性を利用し、ハイエンド文化産業資源要素を集め、高新区が文化産業のデジタル化戦略の徹底的な実施を全面的にサポートし、文化産業の質の高い発展を促進していく。

デジタル経済の発展はデジタル都市の未来を見据えた計画・設計と切り離せない関係を持つ。深セン市都市計画設計研究院は国内一流の都市計画設計研究機関である。今回、当該研究院は蘇州高新区で江蘇省初の分院と研究センターを設立し、高新区、ひいては周辺地域の計画設計と都市更新のために一新した視点と考え方、発展の原動力をもたらしてくる。 

デジタル経済重点イノベーションプラットフォームプロジェクト契約締結

獅山商務創新区はシーメンスグループと共同で長江デルタ工業インターネットデジタル化イノベーション活発化センターを建設し、それに当該センターを全国科学技術と生産的サービス業のイノベーション企業集積エリアと競争力が備わるデジタル経済創新創業高地の一つに建設することに取り組んでいく。

デジタル経済産業プロジェクト契約締結

鋭傑微(RMT)ハイエンドチップパッケージ本部基地、億鋳インメモリー・コンピューティングチップ研究開発及び産業化プロジェクト、集能科技集積回路検査設備プロジェクト、玄同半導体タッチコントロールプロジェクト、特納飛ハイレベルSSD研究開発センターなどのデジタル経済産業の先端的な製造類のプロジェクトは契約が締結された。

美利莱デジタルライブ配信華東本部プロジェクト、運営猫デジタル化工場、同光原一新エネ業務華東区本部、ZH通信チップ本部プロジェクト、太陽光発電検査認証センターなどのデジタル経済産業現代化サービス類のプロジェクトは契約が締結された。

スマート病院資産運営精密化管理プラットフォーム、AIアルゴリズム及び連合学習に基づく全チャンネルマーケティングクラウドソリューション、医学映像研究開発と産業化基地などのデジタル経済産業科学イノベーション研究開発類のプロジェクトは契約が締結された。

同式典で、高新区党工作委員会副書記、虎丘区区長宋長宝氏は挨拶において次のようにのべた。今日契約を締結したプロジェクトはデジタル産業、バイオ医薬、省エネ・環境保護、スマート製造などの多数の分野に及んで、特にデジタル産業ではデジタル工業、デジタル医療、デジタルエンターテインメント、デジタル都市などの細分化された業界を含み、ハイテクで、けん引力が強く、発展の見通しが明るく、高新区の産業発展、特にデジタル経済の発展に弾みをつけ、イノベーションの力を注ぎ入れる。こらから、高新区は力を尽くして、一歩進んでビジネス環境を改善し、企業をサポートし、プロジェクトの建設に全ライフサイクルのサービスを提供し、早速の着工、早速の稼動開始、早速の効益創出を確保すると示した。

コンタクト
住所:中国江蘇省蘇州高新区コープ路58号
郵便番号: 215163
電子メール:snd@snd.gov.cn
電話: +86-512-68251888
中国Fax: +86-512-68251579
このウェブサイトの著作権は蘇州市高新区政府に所有とされます。
京ICP备13028878号-6/a>