ホーム>産業群

第3回中国ロボット産業年次総会並びに中国ロボット産業人材サミットは開催

蘇州高新区| アップデート: 2022年7月18日

7月14日、第3回中国ロボット産業年次総会並びに中国ロボット産業人材サミットが蘇州高新区次世代情報技術産業パークで開幕した。今回のサミットは2022年蘇州国際エリートベンチャーウィーク高新区サブ会場活動並びに第2回高新区イノベーションウィークの重要なイベントの1つであり、人材けん引と革新駆動の発展戦略を実施し、国内外のロボット分野のハイレベル人材が高新区に集結することを促進し、ロボット産業人材と産業発展の新たな高地を全力で建設することを目指している。

苏高企 机器人 峰会_内容.jpg

当日、1つの重大科学技術イノベーションプラットフォームプロジェクトと8つの重大科学技術プロジェクトは契約が締結され、太湖科学技術城に入居した。これらのプロジェクトは、ロボット、スマート製造、人工知能などの最先端の分野に及んでおり、ハイテクで、発展の見通しが明るく、けん引力が強く、とくにロボット分野においては将来を見つめ、リード的役割を持ち、高新区が一流の特色のある産業イノベーションクラスターを築くために強い原動力を注ぎ入れる。

また、現場で中国移動(China Mobile)創客(革新的起業家)マラソン・モバイルクラウドスペシャルコンテストがスタートした。関係者によると、当該ペシャルコンテストは革新的中小企業や創客チーム、大学、科学研究機関に向け、モバイルクラウドのプラットフォームと資源を基に、大企業が中小企業をけん引し、資源の融合的な発展をけん引する「双創(2つのイノベーション)」モデルを積極的に模索するものである。優勝プロジェクトは高額な賞金を獲得するほかに、中国移動のパートナーになり、モバイルクラウドの優れる資源にアクセスすることもできる。

現場で、中国(蘇州)ロボット専門家シンクタンク、Leaderobot 中国ロボットイノベーションセンターも発足した。

テーマスピーチと円卓フォーラムの部分で、ロシア工学アカデミーの外国籍フェロー孫立寧氏、カナダ工学アカデミーフェロー孟慶虎氏、ロシア自然科学アカデミーフェロー李新徳氏はテーマスピーチを行い、国内外のロボット、人工知能分野の最先端技術と研究成果、産業方向、及びロボットとスマート製造の新たな発展トレンド、またはスマート製造分野の新しい技術、新しいアプリケーションをめぐって交流した。

同イベントでLeaderobot 中国ロボットの授賞式も行われ、ロボット、スマート製造、人工知能などの分野における優れる人材科学技術プロジェクトを招き、プロジェクトロードショーを行い、それに国内外のロボットの細分化された分野におけるトップ企業の新製品を集中的に展示した。


コンタクト
住所:中国江蘇省蘇州高新区コープ路58号
郵便番号: 215163
電子メール:snd@snd.gov.cn
電話: +86-512-68251888
中国Fax: +86-512-68251579
このウェブサイトの著作権は蘇州市高新区政府に所有とされます。
京ICP备13028878号-6