ホーム>産業群

デジタル経済産業サミットフォーラムが成功裏に開催

蘇州高新区| アップデート: 2022年7月21日

7月15日、デジタル経済産業サミットフォーラムが成功裏に開催され、2022年の太湖科学城フォーラムが円満に閉幕した。デジタル経済産業サミットフォーラムは「デジタル経済は未来を創造」をテーマに、デジタル経済の新しいトレンド、新しいモデル、新しい原動力に焦点を当て、デジタル経済分野の産学研の専門家、企業及び機関の代表は一堂に集まり、前向きで創造的交流と議論を展開し、高新区をデジタル蘇州建設の全域モデル、環太湖科創圏における革新をリードする高地に建設するために、活発力を与え、強い原動力を注ぎ入れた。

数字经济产业高峰论坛1.jpg

現場では、蘇州高新区デジタル経済の中心産業の研究結果が発表された。データによると、次世代の情報技術産業の良好な基盤に依拠して、高新区デジタル経済の中心産業の売上高はすでに1千億元を超え、一定規模以上のデジタル経済の中心産業企業は300社を超えている。

同日、蘇高新デジタル経済科学技術創新園(DigiBAY)のブランドも公表された。蘇高新デジタル経済公司によって設立された当該ブランドは、「1基地3センター」、つまりテンセント(蘇州)デジタル産業基地、泰山路のスマート製造センター、鹿山路のインキュベーターセンター、珠江路のイノベーションセンターの構築を加速しいる。

国家ハイレベル人材専門家、ロシア工学アカデミーフェロー、蘇州大学機電学院院長孫立寧氏は「デジタル経済と協同発展に活力を与えるロボット」をテーマに、アメリカ国家工学アカデミーフェロー、アメリカ芸術と科学アカデミーフェロー、アメリカ第三脳研究院院長陳世卿氏は「デジタル経済をサポートする情報システム構造設計と応用シーン」をテーマに講演を行った。

Silicon Intelligenceの創設者馬華鵬氏、StarCharge(Wanbang Digital Energy)の副董事長鄭隽一氏、元禾原点(Oriza)の総経理費建江氏はTEDスピーチを行った。

円卓会議では、敦行資本の創設パートナー施泰磊が司会を務め、嘉睿資本の創設パートナー謝旻宵氏、Gaiaworksの共同創設者兼CEO章新波氏、方林科技総経理王国偉氏は「デジタル経済と先端製造」というテーマをめぐって交流を行った。

現在、高新区は「2+4」現代産業システムの構築に全力を尽くしており、次世代の情報技術、ハイエンド装備製造の2つの主導産業に持続的に力をいれ、医療器械、集積回路、ソフトウェアと情報技術、グリーン・低炭素という四つの特色産業イノベーションクラスターに焦点を当て、テンセント(Tencent)、中軟国際(China Soft International)などのデジタル経済のトップ企業を導入し、中国賽宝(Ceprei)や南京大学などの優秀な資源を引き寄せた。また、入居した国家レベル工業インターネット「双跨(多分野、多業界を跨ぐ)」プラットフォームが5つに達し、全省の第一陣の地域ビッグデータ開放共有と応用試験区、江蘇省「インターネット+先端製造業」特色産業基地、全省第一陣の「5G+工業インターネット」融合応用先導区育成対象に選ばれたのである。

コンタクト
住所:中国江蘇省蘇州高新区コープ路58号
郵便番号: 215163
電子メール:snd@snd.gov.cn
電話: +86-512-68251888
中国Fax: +86-512-68251579
このウェブサイトの著作権は蘇州市高新区政府に所有とされます。
京ICP备13028878号-6