ホーム>投資の優位性

古代の渡し場、現在の産業高地=蘇州高新区

蘇州高新区| アップデート: 2022年9月7日

「姑蘇城外の寒山寺 夜半の鐘声客船に到る。」この唐朝の名篇「楓橋夜泊」は、千年以上伝わってきたが、詩に詠まれたこの古代の渡し場、現在の江蘇省蘇州市古都西部に位置する蘇州高新区楓橋街道は今どのような風貌を見せているか。

 枫桥.jpg

産業が盛んに発展する楓橋

蘇州高新区楓橋街道には1800社近くの工業企業が集まっており、次世代の情報技術、生命健康、新エネルギーなどの新興産業がここで急速に発展している。 「楓橋夜泊」から楓橋に「産業集まり」まで、唐朝の名句は新時代の魅力を放っている。

化学やヘルスケアなど多くの分野で事業を展開している多国籍企業である三菱ケミカルグループ株式会社は楓橋街道で3つの会社を設立し、三菱ケミカルシェアードサービスセンターもこのほど入居した。三菱ケミカル(中国)管理有限公司董事長、総経理野間元雅氏はシェアードサービスセンターはグループの機能的本部事業の模索と革新を促進すると述べた。

外資企業が急速に事業を拡大するとともに、地元企業も波に乗って発展を図っている。今年の1月から5月まで、楓橋街道の工業投資は2桁増加し、外国資本の登録額と実行ベース外資導入額はいずれも1億ドルを超え、国内資本の登録額の増加幅は100%を超えた。

蘇州阿卡索(AKSO)バイオテク有限公司は最近、2000万元のエンジェルラウンド融資を遂げた。同社の共同創業者鮑小凡氏は、本社はマイクロスフィア製品の応用と研究開発を加速し、バイオマイクロスフィアと薬物マイクロスフィアの設計、開発、生産というチェーン全体の独自技術システムをカバーすると述べた。

楓橋街道党工作委員会書記葉其中氏は、今年の最初の5カ月間だけで楓橋街道は6億3600万元の工業投資を完成し、一定規模以上工業生産高は373億1000万元に達したと紹介した。

高まるイノベーションの意欲

和楓科創パークに足を踏み入れると、テクノロジーと未来の雰囲気に満ちた真新しいオフィスビルが目に映った。百度VR(蘇州)賦能センター、南京大学蘇州創新研究院、楓橋(同済)デジタル情報科創センターなどの科学技術イノベーションプロジェクトとキャリアがこれからここに入居する予定。

今年以来、楓橋街道はハイテク企業を205社登録し、各レベル、各種類のパイオニア人材プロジェクトを23件新たに増やし、革新的企業を108社導入し、質の高い科学技術プロジェクトを32件導入し、市レベルの工学技術研究センターを7社新たに増やし、省レベルの工学技術研究センターを12社新たに登録する予定。

楓橋街道党工作委員会副書記、事務局主任賈斌氏は「産業+技術+イノベーション」の融合的な発展はハイエンド要素の集積を加速するのに役立つと述べた。

蘇州易能環境保護科技有限公司はグリーン・低炭素製品の開発に携わる民間科学技術企業である。同社の総経理李洪彦氏は、環境に優しい印刷業界用のナイロンたわしを指しながら、「普通のものと同じように見えるが、ほぼ無害の水性洗浄剤を使っているため、工業インキを洗浄する際に発生する有機揮発物を従来の30分の1までに抑えることができる」と言った。

では、いかにスマート化とデジタル化をもって従来の産業をアップグレードさせるか。蘇軸股份のスマート研削現場に入ると、自動供給、内径粗研削、内径精研削、外形最終研削... 閉鎖型生産ラインは整然としている光景が見られる。4000平方メートルのスペースにわずか数名の従業員がいて、生産ラインの進み具合を監督している。同社の董事長張文華氏は「スマート化改造、デジタル化転換」をした後、研削現場の生産能力が26%以上増加したと紹介した。

枫桥2.jpg

優れるビジネス環境

発展できるかどうかはイノベーションへの試練であり、企業が安心感があるかどうかはサービス能力へのチャレンジである。

住友電工(蘇州)電子ワイヤー製品有限公司総経理神林将氏はRCEP(「地域的な包括的経済連携協定」)が発効した後、輸入関税が4%から0に引き下げられた。日本から輸入する原材料や半製品を例にすると、RCEPが実施した初年度に350万元近くの関税を削減し、または免除する見込みだと言った。

企業側で優遇を享受できるのは楓橋街道と蘇州税関駐虎丘事務所が「税関・地方協力グリッドサービスの革新的システム」を共同で作成したからである。

オンラインでは、企業は楓橋街道の「楓企心橋」プラットフォームで関係政策について問い合わせたり、業務を取り扱ったりすることができる。一方、オフラインでは、税関と楓橋街道が協力してグリッドスタッフ管理メカニズムを確立し、税関から政府、企業への立体的なコミュニケーションチャネルを貫通した。

最近、複数の種類の口腔外科手術用顕微鏡を満載した2つのコンテナが、蘇州速邁医学科技股份有限公司からヨーロッパに出荷された。今年の1-5月、同社の海外注文は50%近く増加した。総経理王吉龍氏は「2025年に売上は1億ドルを突破すると目指している」と語った。

王吉龍氏の自信は現地の優れたビジネス環境から生まれたものである。今年以来、楓橋街道はサプライチェーン保障特別チームを設立し、「1企業、1対応策」を実施し、24時間体制で企業を助け、生産と運営での難点、停滞点を解決し、生産再開を最大限度にサポートしてきた。

 

コンタクト
住所:中国江蘇省蘇州高新区コープ路58号
郵便番号: 215163
電子メール:snd@snd.gov.cn
電話: +86-512-68251888
中国Fax: +86-512-68251579
このウェブサイトの著作権は蘇州市高新区政府に所有とされます。
京ICP备13028878号-6