ホーム>投資の優位性

蘇州高新区:産学研を最適化、革新源泉を集結

蘇州高新区| アップデート: 2022年11月7日

蘇州高新区は1990年に開発・建設を始め、1992年に第一陣の国家高新技術産業開発区と国務院に承認され、さらに2002年に区域調整を行い、虎丘区と「区政合併」体制を実行し、無から有へ、小から大へと蘇州経済の重要な成長極に発展し、全市の産業科学技術イノベーションの主陣地の構筑に力を入れてきた。

DEBENコンサルティング、eNet研究院、China Internet Weekly 、投研電訊(irnews)の4つのシンクタンク機関が共同で発表した「中国高新区イノベーション能力トップ100」のランキングで、蘇州高新区は全国6位にランクされた。

ハイレベルの研究開発機関で革新システムをリード

設立当初、蘇州高新区は世界の製造業が移転するという市場の先制のチャンスをつかみ、外資経済を主とするハイテク企業の集積エリアを形成させた。2001年に始まった国家高新区の「二次創業」の波が席巻して以来、蘇州高新区は外資駆動型から国内外資本による「二輪駆動」に転換してきた。

21世紀の最初の10年間、高新区は徐々に最初の制造業移転の受け入れの発展モデルから、革新資源を統合し、成果転化を強化するハイテク産業基地モデルに変わってきた。高新区は地域の状況に応じて、人材・有識者の招致を自らの力を入れるところとし、ハイレベルの研究開発機関の導入を通し、革新資源を統合し、自身の「科学技術含有量」を増加させた。

人材・有識者の招致をよりよくするために、蘇州高新区は特色ある誘致方式に取り組んでいる。産業誘致センターのほかに、科学技術関連人材・企業誘致センターも特別に設置しており、大学、研究開発チームを対象し、革新能力と「首絞め」分野に関わる重要な技術に重点的に注目している。

苏州2 .jpg

現在、蘇州高新区には中国科学院蘇州医学工程技術研究所、清華蘇州環境院、浙江大学蘇州工業技術研究院、南京大学蘇州革新研究院、南京航空航天大学蘇州研究院、浪潮蘇州工業インターネット研究院、蘇州中科地星研究院などの研究機関が100カ所以上ある。

企業誘致と資本導入を重視しすぎ、「よいプロジェクトであればすべてを導入する」ように、企業間の連結の構築を重視しないハイテク産業パークと比べ、蘇州高新区は盲目的に企業を導入することはなく、自身の産業チェーンの需要に応じて革新チェーンを構築し、科学技術関係の研究機関を導入するとともには適切な新興産業を育成し、大学・科学技術研究機関と産業の共生関係を結ぶ。科学技術の成果が学術研究界から産業界へ、資金・情報・人材が産業界から学術研究界への双方向の流れを形成させることで、イノベーションの源泉と効率の問題を解決した。

細分化された分野で「首絞め」難題を解決

企業はイノベーションの主体であり、科学技術進歩の重要な推進者である。蘇州市高新区の光子、医療機械、集積回路、ソフトウェアと情報技術、グリーン・低炭素などの産業の革新型クラスターの中に、細分化された分野で絶えず突破し、革新を遂げた企業がたくさんあり、次第にその分野のトップ企業、ひいては世界的な「実力者」に成長してきた。

2010年に蘇州高新区に設立されたGOODWEは長期にわかり太陽光発電、エネルギー貯蔵などの新エネルギー電力・電源設備の研究開発、生産、販売に専念しており、国内のクリーン電力変換分野のトップ企業である。GOODWEは技術革新を求め続け、クリーンエネルギーの変換技術、エネルギー貯蔵技術、スマートエネルギー管理システムプラットフォームなどの分野で開拓し続け、2019年にはその家庭用エネルギー貯蔵インバータの出荷量が世界第1位、2021年に全シリーズのエネルギー貯蔵インバータの出荷量が世界第3位となった。

多くのトップ企業のけん引で、蘇州高新区は複数の産業細分化された分野で次第に強い地域間の比較優位性を持つようになった。2020年、中国科学院は35件の「首絞め」となる重要な技術を科学研究任務リストに並べた。蘇州高新区では、たくさんの企業や機関は「首絞め」技術を攻略し、国内の空白を埋めた。

イノベーションの生態を作成、成果の転化を助力

蘇州高新区は全市の産業科学技術イノベーションの主陣地の構築に力を入れ、全国一流の革新型科学技術園区を全力で建設している。

革新は発展をけん引する第一の原動力である。蘇州高新区は効率的な産学研インタラクティブメカニズムをもとに、ハイレベルの研究開発機関の革新資源の統合を通し、人材導入政策を最適化し、革新の源泉を集めている。また金融サービスの改善、産業革新型クラスターの建設を通し、革新への投資を保障する。さらに、科学技術関係のインキュベートメカニズムの整備、知的財産権のサービスチェーンの構築を通し、革新の原動力を向上させる。

苏州1.jpg

革新の源泉の集結においては、高新区はハイレベルの研究開発機関の革新資源を統合し、より多くのオリジナルの成果を高新区でリンク・転化させることを重視する。例えば、ハイレベルの研究開発機関との産学研協力の強化を通し、細分化された分野で取り組み、キャリアとプラットフォームを建設し、企業の革新と創業を共同でサポートする。蘇州高新区はまた科学技術企業の全ライフサイクルサービスシステムを改善し続け、人材導入、ハイテク企業育成、研究開発機関についての政策を動的に調整しつつある。例えば、人材導入においては、「上から下へ」の政策指導とともに、「下から上へ」の保障サービスも提供し、「人材集結の蘇州高新区 人材が産業イノベーション集積をサポートする18条」を発表し、人材の全ライフサイクルの成長発展のために後押しする。

革新投入の保障においては、高新区は「高新貸」「科学技術成果転化貸」「融医貸」「デジタル貸」などの一連の貸付に関する政策を打ち出し、省レベルの「蘇科貸」と市レベルの「科貸通」を実施し、累計で1900社以上の企業に100億元近くの資金を支援した。2021年に地域全体の科学技術革新発展資金が6億元を超え、区レベルの財政による科学技術投入が財政支出に占める割合は11%以上をキープした。高新区社会全体の研究開発投入がGDP(国内総生産)に占める割合は4.57%に達し、全市第2位となった。

革新の原動力の向上においては、2021年末までに、全地域で各レベルと各種類のインキュベーターが計44カ所(育成を含む)あり、そのうち国家レベルのものは9カ所で、全市で2番目に多い。累計して81の大衆創業創新空間が登録され、そのうち国家レベルのものは10件。また、今、高新区に90以上の知的財産権サービス機関が入居し、完全な知的財産権サービスチェーンが形成され、企業のイノベーションを保障している。


コンタクト
住所:中国江蘇省蘇州高新区コープ路58号
郵便番号: 215163
電子メール:snd@snd.gov.cn
電話: +86-512-68251888
中国Fax: +86-512-68251579
このウェブサイトの著作権は蘇州市高新区政府に所有とされます。
京ICP备13028878号-6