ホーム>最新情報

もう一社のハイエンド半導体本部プロジェクトが高新区へ

蘇州高新区| アップデート: 2022年12月1日

11月23日、芯聆半導体(XLINK SEMI)本部プロジェクトは蘇州高新区と契約を締結し、入居した。これからハイエンド・パワーアンプチップの細分化された分野の全チェーンにわたる発展に力を入れ、地域の音響産業の川上関連施設を整え、一流産業革新クラスターの建設を力強く後押しする。

芯聆.jpg

2021年に設立された芯聆半導体は中・大出力のハイエンド・パワーアンプチップの開発に携わる企業である。同社は国内のミックスドシグナルタイプのパワーアンプのベテラン設計専門家チームで構成され、車グレードのパワーアンプチップの設計、プロセス、パッケージ、認証、市場チャネルなどにおいて長年にわたって積み重ねた豊かな蓄積を持つ。

座談会で、高新区党工作委員会書記毛偉氏は当該本部プロジェクトの入居に対して熱烈な歓迎の意を表し、高新区の産業革新クラスター、革新創業エコロジー、産業発展の関連施設、ビジネス環境などの発展状況を簡単に紹介した。

毛偉氏は、国内のパワーアンプチップ分野の新鋭である芯聆半導体はしっかりとした製品技術の実力を持ち、革新発展の勢いが強い。芯聆半導体は引き続き科学技術の研究開発への投資を増やし、専門分野に焦点を当て事業を拡大し、業界のトップ人材と川上・川下の企業を高新区に引き寄せ、発展のチャンスをつかみ、美しい未来を共に創り上げていこうと望んでいる。高新区も一貫して「ユーザー本位、顧客体験」の理念を貫き、全ライフサイクルサービスを最適化・完備し続け、企業が安心して投資・発展し、事業拡大ができるように助力していくと示した。

芯聆半導体董事長万義氏は、高新区は発展興業のホットスポットであり、プロジェクトの成功に高新区の多大な支援と効率的なサービスは欠かせないと話した。これから、芯聆半導体は優位性のある資源を統合し、優秀なチームを作り、一日も早くプロジェクトの建設を実施し、技術の優位性を発揮し、半導体音響分野における戦略的チャンスと市場チャンスをつかみ、高新区産業の質の高い発展のために原動力を蓄え、底力をつけていくと表明した。

これから、高新区は革新資源の集積の加速をさらに推進し、サービスエコロジーを改善し続け、優位性のある分野で深耕していき、集積回路産業の革新的クラスターの急速な発展を促進し、長江デルタ地域の集積回路産業の新たな高地を作り出す。


コンタクト
住所:中国江蘇省蘇州高新区コープ路58号
郵便番号: 215163
電子メール:snd@snd.gov.cn
電話: +86-512-68251888
中国Fax: +86-512-68251579
このウェブサイトの著作権は蘇州市高新区政府に所有とされます。
京ICP备13028878号-6/a>